ホームへ
検査の流れ
メニュー
  • 経鼻内視鏡検査について
  • 大腸内視鏡検査について
  • NBIについて

経鼻内視鏡検査について

■ 経鼻内視鏡検査とは

一般に「胃カメラ」と呼ばれる、口からの検査では、のどの奥にある舌根に内視鏡が接触してしまうため、嘔吐感(咽頭反射)と窒息感に悩まされる患者さんが少なくありませんでした。
この苦痛から検査を受けるのが遅れて、結果的に胃がんなどの上部消化管疾患が進行してしまうという問題がありました。

経鼻内視鏡検査 経鼻内視鏡検査

これに対して、直径約5mmの内視鏡を鼻から挿入する検査を経鼻内視鏡検査といいます。経鼻内視鏡検査では、内視鏡が舌に触れることなく消化器に到達するため、嘔吐感はほとんどありません。
鼻腔内には麻酔剤を塗布するため鼻の痛みもありません。また、従来の内視鏡検査に比べ、検査中の心拍数と血圧・酸素濃度なども良好で、患者さんへの負担が大幅に減少することが証明されています。さらに、検査中は医師と会話することができるため、モニターに映し出される自分の胃の映像を見て質問をしたりすることもできます。

経鼻内視鏡検査 経鼻内視鏡検査

■ 従来の胃内視鏡検査(「胃カメラ」)で感じる様々な苦痛

・ 咽頭反射(内視鏡挿入時の“おえっ”とする反射)が出て、とにかく苦しい
・ 検査後の咽頭痛が残る
・ 喉の麻酔が切れるまで飲食が出来ない

■ 経鼻内視鏡検査のメリット

◆ 苦痛が少ない
内視鏡は、鼻にスムーズに挿入できる、直径約5mmの細さです。体への負担も少なく、強い麻酔の必要もありません。
◆ 吐き気が起きにくい
内視鏡が舌のつけ根を通らないので、不快感や吐き気をほとんど感じずに検査を
受けることができます。
◆ 会話ができる
検査中に自分の胃の映像の映ったモニターを見ることも会話をすることもできるので、映像を見ながら説明を受けたり質問をすることが可能です。
◆ 食事ができる
口からの内視鏡検査とちがい喉に麻酔をかけないので、検査終了後すぐに水分や食事を摂ることが可能です。
◆ きめ細かい検査が可能
検査時間中の患者さんの苦痛が少ないため、「見落としやすい初期の癌」「胃炎と判別がつきにくい癌」などを、直接粘膜を見ながらじっくりと、詳細に検査を実施することが可能です。

当院では、患者さんのに、苦痛の少ない、安全で確実な検査を受けていただけるように、直径約5mmの内視鏡を鼻から挿入する「経鼻胃内視鏡」を用いての検査を実施しております。

■ 経鼻内視鏡検査の流れ

検査前日

夕食は軽めに摂り、21時以降の飲食(水を除く)は避け、早めの就寝を心掛けてください。

検査前日の朝

飲食(水を除く)、喫煙、薬の摂取、は避けてください。

検査前の準備

ご来院されましたら検査室にご案内いたします。
胃の中の泡をとる水薬を飲んでいただきます。

鼻の麻酔

噴霧の麻酔薬で鼻の中を麻酔します。

内視鏡検査

医師がモニターに映るおなかの中をすみずみまで観察します。
検査時間は個人差がございますが、おおよそ10〜15分程度です。
※検査で炎症やポリープなどが発見された場合、組織検査を行います。

検査後

検査が終わったら身支度を整え、回復室でお休みいただきます。
お帰りになられる前に、結果をご説明いたします。