ホームへ
検査の流れ
メニュー
  • 経鼻内視鏡検査について
  • 大腸内視鏡検査について
  • NBIについて

大腸内視鏡検査について

■ 大腸内視鏡検査とは

大腸内視鏡検査 大腸内視鏡検査

近年、大腸がんは増加の一途をたどり、テレビ番組や新聞でも取り上げられる機会が多くなっています。すでに女性では、がん死亡の第1位は大腸がんです。
大腸がんをみつけるためには、まず大腸がん検診(便の検査)を受けていただくことが重要です。大腸がん検診で便潜血が陽性となったときに大腸内視鏡検査を受けていただきます。大腸がんを最も確実に診断することができ、かつ重要視されてきつつあるのが大腸内視鏡検査です。

大腸内視鏡検査とは、先端に小型カメラ(CCD)またはレンズを内蔵した太さ11mm程度の細長い管(内視鏡)を使い、他の検査方法では困難な大腸の内部を観察し、時には治療を行うものです。
医療機器や技術の発達により、粘膜面の変化が鮮明に見えるので、小さなポリープも発見可能です。ポリープや癌だけでなく、大腸の炎症も診断ができます。
日帰りでのポリープ切除も可能です。

■ 大腸内視鏡検査を受けるためには

大腸内視鏡検査 大腸内視鏡検査

一般的に、大腸内視鏡検査を初めて受ける患者さんの多くは、町や会社で行われている便潜血の検査で陽性という結果が出た方、あるいは血便や肛門からの出血を自覚した方が多いです。他には、以前小さなポリープがあり、大きくなっていないか、定期的な経過をみる目的の方、以前にポリープを切除したことがある方、以前に大腸がんの手術をしたことのある方などがこの検査を受けられています。
大腸内視鏡検査を受けるには、まず一度来院していただき、診察を行い、大腸内視鏡検査が必要であるかどうかを判断します。次に内視鏡検査・ポリープ切除などの手術を安全に行うために血液の検査を行います。そして後に述べる検査などの危険性について説明し、同意していただけた場合は、検査の説明を詳しく行なって前処置の薬をお渡しします。
大腸内視鏡検査中に切除した方がよいと思われるポリープなどが見つかった場合は、ご相談の上、その場で内視鏡的ポリープ切除術(日帰り手術)を行う事もできます。
健康診断のときの血液検査のデータなどがある場合は、必ず診察時に持参して見せてください。

血便や肛門からの出血がみられた時に、痔の出血だろうなどと自己判断なさらずに必ず、大腸内視鏡検査を受けるように心掛けてください。

■ 大腸内視鏡検査の流れ

外来受診

まずは当院へご来院いただき、診察を受けていただきます。
診察後、検査の予約をしていただきます。

検査前日

夕食はできるだけ早く、消化の良いものを少なめに摂ってください。
普段から内服しているお薬は飲んでいただいてかまいませんが、糖尿病、心臓病、脳梗塞などで、お薬を内服している方は、外来受診の際ににおっしゃって下さい。(血液がサラサラになるお薬/ワーファリン、パナルジンなど)
夜は早めの就寝を心掛けてください。

検査当日

食事、お茶等の飲み物、たばこ、薬はお控えください。
下剤による前処置が必要ですので、着替えやすい服装で指定された時間に来院してください。
前処置で用いる薬の影響により目がちかちかしたり、眠気やふらつきが残ったりすることがあります。このため車、バイク、自転車での来院はおやめ下さい(車、バイクの運転は終日できません。)。

前処置

前処置室では大腸内をキレイにする下剤を飲み始めます。
下剤は合計2リットル程度飲みます。
何度かトイレに通うと、液体のような便になります。
個室のため、人目を気にしていただく必要はありません。

検査前準備

検査着に着替えてもらい、検査前に腸の動きを止める薬の注射を行います(場合によっては点滴ルートの確保や鎮静剤の注射を行います)。

内視鏡検査の開始

内視鏡を肛門から挿入しモニターに映る大腸をすみずみまで観察します。
検査中に必要であると判断した場合は良性・悪性などを診断するための病理検査の目的で、粘膜組織の一部を採取すること(組織検査)があります。
検査中に大腸ポリープが見られた場合、ご相談の上、その場での切除も可能です。(日帰り)
検査時間は患者さんにより異なりますが、数十分で終了します。

内視鏡検査終了後

検査後は個室の回復室でゆっくりと休んでいただけます。
水分や軽食をとっても構いません。
気分が悪い時や変調のある場合には、看護師までお伝えください。
その後、検査結果の説明を行なわせていただきます。
検査結果説明後、帰宅できます。

※組織検査を行った場合は通常、検査結果がでるまでに1〜2週間かかります。
※ポリープを切除された方は止血のための点滴があります。